トップ > 五十音順 > ア行 > ウミガメの島(メビウス)
プレイ人数 > 5、6人 > ウミガメの島(メビウス)
プレイ時間 > 30〜60分 > ウミガメの島(メビウス)
値段 > 2,000〜4,000円 > ウミガメの島(メビウス)

ウミガメの島(メビウス)

サイコロを振って、自分のカメを進め島を一周するごとにたまごカードを獲得、多くのたまごを獲得したプレーヤーが勝ちです。
しかし、単純なすごろくではありません。手番プレーヤーはまずサイコロを1個振ります。その目を見て2個目のサイコロを振るかどうか決めることができます。
同様に3個目のサイコロを振ることもできます。もちろん途中でやめることもできます。
1個のサイコロだけでやめたら、出ている目ぴったり時計回りに自分のカメを進めます。2個目のサイコロでやめたら出ている目の2倍です。3個なら3倍進めます。
しかし、それは目の合計が7以下の場合です。2個または3個振って合計が8以上になったら全く進めず、次の人の番になります。
また、カメを進めて既にほかのカメがいるマスに止まったらすでにいるカメの上に乗せます。
自分の上にほかのカメが乗っている人の番になったら、2個目以上のサイコロを振るかどうかは、一番上にカメが乗っているプレーヤーが決まます。
そして、目の合計が7以下で進める場合には、手番プレーヤーのカメがその上に乗っているすべてのカメを背負って進みます。
この時、たまごカードをもらえる場所に着くか通過したら、一番上にカメが乗っているプレーヤーのみ、そのたまごカードを獲得できます。それ以外のカメはもう一周回るしかありません。
2個目まは他3個目のサイコロを振るかどうか決める際に、ただたくさん進めるかどうかではなく、ほかのカメの上に乗れるかどうかもポイントになります。
わかりやすいゲームですが、盛り上がれるゲームです。
このゲームは、1974年にラベンスバーガーよりDie heisse Schlacht am kalten Buffet(冷たい料理の熱い戦い)というタイトルで販売されたゲームのリメイクです。

■ゲーム概略■
プレイ人数:2〜7人
プレイ時間:約30分
対象年齢7歳以上
ゲームデザイン:Alex Randolph

【セット内容】
ゲームボード 1枚
カメ(木製コマ) 7個
たまごカード 24枚
6面体ダイス(青) 3個
取扱説明書 1部
価格 : 2,800円(税込)
ポイント : 280
数量
 

合計お買い上げ金額10,000円(税込)以上で送料無料

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ