トップ > 五十音順 > カ行 > ごきぶりポーカー(メビウス)
プレイ人数 > 2〜4人 > ごきぶりポーカー(メビウス)
プレイ人数 > 5、6人 > ごきぶりポーカー(メビウス)
プレイ時間 > 15〜30分 > ごきぶりポーカー(メビウス)
値段 > 〜2,000円 > ごきぶりポーカー(メビウス)

ごきぶりポーカー(メビウス)

登場する嫌われ者は、コウモリ、蝿、ネズミ、さそり、ゴキブリ、カエル、蜘蛛、カメムシです。
カードはすべて伏せて配りきります。それぞれのプレーヤーは、その内容を見ずに自分の前にやまにして置いておきます。
スタートプレーヤーは自分の前のカード1枚を取り、その内容を確認してから、誰か1人にそのカードに描かれた嫌われ者の名前を宣言して(本当のことを言っても言いし、うそをついてもかまいません)、そのカードを伏せたまま渡します。渡された人は、二つの選択肢があります。宣言が本当かどうかを答えてそのカードを表にするか、黙って受け取り、自分だけで内容を確認して、まだこのカードの内容を知らない別の人に同様に、そのカードに描かれた嫌われ者の名前を宣言してカードを渡します。
宣言が本当かどうかを答えて、カードを表にした場合には、あっていたら(「本当」といってカードと宣言が同じ、または「うそ」といってカードと宣言が違う場合)、宣言した人に戻しその人の前に表にして置きます。答えが間違っていたら、引き取って自分の前に表にして置きます。そして、カードを自分の前に表にして置いたプレーヤーが新たなスタートプレーヤーとなって、ゲームを続けます。
なお、渡されたカードを確認して別の人に渡す行為は、ほかの人全員がそのカードを見てしまっている場合にはできません。この場合には必ず、答えなければなりません。
自分の前に、同じ嫌われ者が4枚表になるか、自分の山がなくなって、スタートプレーヤーになったとき、ゲームが開始できなくなったら負けです。
前半は、宣言が本当かどうかは、顔色と宣言した人の人間性しか根拠はありませんが、後半は、4枚目のカードをどう取らせるかで、激しい駆け引きが行われます。単純ですが、ニタッと笑えるブラフゲームです。

■ゲーム概略■
プレイ人数:2〜6人
プレイ時間:20〜30分
対象年齢:8歳以上
デザイナー:Jacques Zeimet

【セット内容】
カード×64枚
ルール説明書×1枚
※2004年 アラカルト・カードゲーム賞 3位
価格 : 1,800円(税込)
ポイント : 180
数量
 

合計お買い上げ金額10,000円(税込)以上で送料無料

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ