トップ > 五十音順 > カ行 > ごきぶりサラダ(メビウス)
プレイ人数 > 2〜4人 > ごきぶりサラダ(メビウス)
プレイ人数 > 5、6人 > ごきぶりサラダ(メビウス)
プレイ時間 > 15〜30分 > ごきぶりサラダ(メビウス)
値段 > 〜2,000円 > ごきぶりサラダ(メビウス)

ごきぶりサラダ(メビウス)

日本語訳付き

「トマト」「カリフラワー」「パプリカ」「レタス」の4つの野菜が登場します。カードはよく混ぜてすべてのプレーヤーに配り切ります。配られたカードは内容を見ずにそのまま伏せたままの山にするか、まとめて手で持ちます。そして、順番に1枚ずつ表にしては中央のカード捨て場に置きます。このときカードに描かれた野菜の名前を正確にいます。ただし、直前に出た野菜の名前は言うことができません。その場合は、残り3種の中から別の野菜の名前を言います。また、直前に言われた野菜の名前も言うことができません。この場合も別の野菜の名前を言います。ただし、言えるのは元の4種類のいずれかです。たとえば、「トマト」の次に「トマト」が出た場合「トマト」とは言えませんので、「パプリカ」と言ったとします。その次が「パプリカ」だった場合、直前のカードが「トマト」であり、直前に言われたのが「パプリカ」なのでこの2つ以外の「カリフラワー」か「レタス」と言わなければならないのです。また、ゴキブリが描かれたカードの場合は、「ゴキブリ」と言います。そのあとは、別のごきぶりカードが出るまで、この野菜の名前も言うことができないのです。
名前は1度しか言えません。また野菜の名前以外のものも言えません。したがって「えっ〜と」とか、「あの〜」は駄目です。また、3秒以内に言う必要があります。もし間違ったり、余計なことを言ったら、それまでに出されているカードすべてを取って、手札の一番下に加えます。
最初に手札をすべてなくしたプレーヤーの勝ちです。
簡単そうに見えても、意外にあわてるもです。誰でも簡単に遊べるパーティゲーム感覚です。

■ゲーム概略■
プレイ人数:2〜6人
プレイ時間:20分
対象年齢:6歳以上
デザイナー:Jacques Zeimet
 
【セット内容】
野菜カード 120枚
その他

※2008年 アラカルト・カードゲーム賞 4位
価格 : 1,800円(税込)
ポイント : 180
数量
 

合計お買い上げ金額10,000円(税込)以上で送料無料

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ